FIFTHWORLD
SUMMER JOURNEY 2010

PROFILE

OPPA-LA DJs


Kentaro Takizawa

東京都出身。小学6年生でハウスに触れ、中学2年生で打ち込みを始める。19歳の時にDJを始めたのをきっかけに、本格的にハウストラックを制作しはじめる。
2004年、弱冠23歳でデビューアルバム『Impressive Time』、2005年には、福富幸宏、Little Big Bee、STUDIO APARTMENT、DJ KAWASAKIらを迎えた豪華リミックス集「Impressive Time Remixes」を相次いでリリース。
2006年フラワーレコーズへ移籍し、2nd ALBUM「Gradual Life」をリリース。2007年1月には、"Gradual Life Tour Final"@渋谷club Asiaで、当時の動員記録を塗り替えるという金字塔を打ち立てた。同年9月には、Ryohei、LISA SHAW、arvin homa aya、karin、Romantic couch JADE、Raythought、Jabberloop、Trans of Lifeといったゲストを迎えた3枚目のオリジナルアルバム「Heart to Heart」をリリース。収録曲の「Can't Stop feat. Lisa Shaw(original Extended Mix)」が、BeatportのFrancois K.チャートに6位でランクイン。又、「Five Years Circlefeat.Trans of Life」がジャイルス・ピーターソンにプレイされるなど、海外からの評価も高い。
2008年6月、Romantic couch JADEをヴォーカルに迎えたカヴァー企画集Kentaro Takizawa +JADE"equal one"をリリース。同年8月にリリースした『You Can Make It Shine』Kentaro Takizawa feat.arvin homa ayaは、I-Tunes チャートにて1位を獲得。アナログ『You Can Make It Shine/Sweet Love』も、各アナログ専門店にて軒並み1位を獲得した。
最近では青山テルマ,Double等のリミックスをはじめ、Ryohei『CAVACA』シリーズへの参加、SAWAサウンドプロディース参加など、作曲、アレンジ、プログラミングといった制作の全てをこなす、ハウス新世代の数少ないリアル・ハウスクリエイターとして、注目を集めている。
そして、2009年11月25日待望のニューアルバム『BIG ROOM』をリリース。Joi Cardwell,Kimara Lovelace,Lady Alma,Lisa Shaw,Ryohei&澤辺美香,SAWAetc...という豪華ヴォーカリスト陣を迎え、満を持してエイベックス/ティアブリッジレコーズよりメジャーデビューが決定。
↑DJプロフィールへ
↑ページトップへ


PARTY INFO
NEWS
ABOUT FIFTHWORLD
ARTIST INFO
STORY
MAP/ACCESS
FIFTHWORLDのTwitter FOLLOW ME ON TWITTER
MOVIE

サイトを友達に教える
>> トップへ戻る
夢宙工房ロゴ
(C) 夢宙工房
All Rights Reserved